映像製作者

ご意見

リンク

サイトマップ

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

ビデオカメラ

普通の家庭では、ビデオカメラは、ハンドサイズの物が多いはずです。少し話してみましょう。

ビデオ選び

基本的なハンドサイズは、今では、かなり軽量化していて、少し前の片手で持つと少し重く感じるような物が嘘みたいです。そのコンパクトさは印刷されたポスターからもよく伝わってきます。最近では手ブレ防止の機能も付いているそうです。今では、ハイビジョンの撮影もできるタイプもありますし、機能もいろいろ増えています。そんなビデオカメラの選び方を紹介します。あなたが、ビデオ制作する際の参考にできるかどうかはわかりませんが、見ていっても損は無いはずです。

機能と人気

機能がよければ、人気もあがるというわけではありません。その証拠として、画素数です。画素は、デジカメで、500万画素というものが増えてきましたが、その分だけ、データ量は増えますし、圧縮してしまえば、途端に画質の劣化となります。そのため、画素数が多いデジカメは、本当にいい物というわけではないのですが、そこを強調したほうが売れる(人気)なので、各メーカーは、画素数を上げるのに必死なのです。

最近では、ただ記録するだけではなくて、とてもキレイに取りたいという方のためか、多くのハイビジョンカメラが出回っています。ハイビジョンカメラでのカメラでは、画質が劣化しないはずですから、キレイなままでの映像を残せます。ただ、ハイビジョンで見たいという場合は、それをハイビジョン映像対応の、再生機やテレビを利用しなければいけない、という事はいうまでもないでしょう。

通常のタイプとしては、光を電気信号にすることで映像を捉えて、デジタル信号の変換する3CCDがあります。この3とは光の3原色である、赤、青、緑のことでこれを別々に捉えて、デジタル信号に変換することで、色鮮やかな撮影が可能です。最近では、このタイプに、手ブレ防止の機能が付いたものがありますので、光が真っ直ぐに入るようにされている便利な機能があります。

ビデオ撮影

撮影する際には、どちらを使うかですが、ハイビジョン対応のテレビを持っていないのでしたら、ハイビジョン撮影してもあまり効果がないので、オススメしません。手ブレ防止機能があるタイプをオススメします。ハイビジョン対応のテレビがあるのでしたら、購入を考えてもいいでしょう。ハイビジョン撮影して、地上デジタル放送(地デジ)テレビを買うとする場合、値段は結構しますので、お金に余裕があるかが重要です。

屋外での撮影の場合は、ポスター印刷と違って風の音が入り込みやすいので、マイクにウインドスクリーンをつけましょう。よくマイクに付いているスポンジのことです。また、撮影中には、ズームインやズームアウトなども調べておきましょう。それと、ある程度のシナリオを作っておくと、スムーズに行いやすいです。ドラマや映画などは当たり前ですが、バラエティやニュースでもある程度のシナリオを用意しておきましょう。

取り終えたら、編集を行います。時間が決められている場合には、必要なシーンと不要なシーンの区別をして、編集します。それでも時間が余ったら、無くてもいいシーンなどを探しださなければなりません。この辺はディレクターや監督などのような、役割を受けている方が考えなければいけません。ないと説得力がなるようでは、必要なシーンであると判断できます。

ビデオ撮影で映像を作る際のコツは、みんなが自分の役割をしっかり把握し、その役割に必要な行動を行うことが重要です。手ブレ防止機能が付いているのなら、そのことだけに注意しましょう。手ブレが治らないのなら、三脚などを使うといいでしょう。

▲ページトップへ