映像製作者

ご意見

リンク

サイトマップ

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

映像の役割

映像は、それぞれに役割があります。映像の種類と役割を紹介していきます。

映像に求める事

映像は視覚と聴覚に訴えるので、その影響はかなり強いと言えます。特に視覚は人の五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)の内で最も影響が強いともされています。そのため、目に訴える映像は、人に持つよい影響を与えているはずです。その影響こそが、映像に求められているのです。

企業・商品説明用映像

一般の企業で求められることが多い映像としては、最もこれが多いようです。企業説明会や営業などで会社の説明をする会社案内の映像、商品やサービスなどを紹介するための映像などです、このような映像の場合、多くの人を惹きつける力と説得するだけの内容が必要です。今では、いろいろな映像メディアがありますので、平均程度の映像では、ひきつける力は足りないと言えます。

そのため、どのような演出で映像への興味を持たせるかが重要なポイントとなりますが、それに加え、記憶に残ってもらわなければいけません。

テレビCM映像

日本のCMは15秒か30秒という、とても短い時間での商品やサービスのアピールとなりますので、効果的にアピールするには、ポスター印刷もそうですが、センスの他にも、ある程度の経験が必要だと言えます。あなたも見たことあると思いますが、SoftbankのCMに登場する「お父さん犬」を考えた方はかなりのセンスの持ち主と言えるでしょう。あのような、記憶に残るようなCMを作れルカが重要です。

ミュージック映像

音楽に映像が加わると、その音楽のイメージを広げることができます。ただし、この場合、映像が強く残ってしまいがちです。そのため、映像は作曲した人の音楽のイメージを映像化させるべきと言えます。それにより、効果的なミュージックプロモーションとなります。最近では、インターネットの情報伝送速度の高速化やDVDの普及により、高画質・高音質の映像が見れるようになっています。

ブライダル映像

結婚する2人の大事な思い出を大事な映像として残しておく事や、ビデオレター、今までの思い出の映像などをまとめて、1つの映像として取っておくといったことができます。こういった映像制作会社は多く、会社によってオリジナリティーが出てくる作品と言えます。ただ、今までの思い出の映像は、ここ20年〜30年で規格の変化が激しかった時代でしたので、編集には一苦労するでしょう。

店舗用映像

お店の写真が印刷されたポスターだけでなく、お店の外や中で流れる映像をいいます。映像のが外で流れることによって、お店のイメージアップにもなるかもしれません。特に、流行や廃れの激しい、ファッション系のお店、美容室などでも効果的ですし、インテリアとしての映像としても効果があるでしょう。

Web用の映像(FLASHやGIFムービー)

今は、もはや情報化社会と言われ、一家に一台はパソコンがあるとも言われています。それに伴い、映像の配信も本格的になってきました。そのため、企業のWebでもFLASHムービーは増えています。映像のあるなしでは、そのホームページのブランド感が大きく変わり、言わずとも、あるほうが高級感を高めるのは分かると思います。今では、有名企業のほとんどにFLASHムービーが入っているようになっています。

CG映像

工業製品や実写では撮影できない物などは、CGでの映像が効果的と言えるでしょう。CGとは、コンピューターグラフィックスの略でその名の通り、コンピューターでの制作となります。3次元のCG映像を作るためのソフトも増えているようで、今では、かなり滑らかで繊細な映像が作れます。

▲ページトップへ