映像製作者

ご意見

リンク

サイトマップ

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

番組(映像)制作

基本的な、番組(映像)制作の業務となるのは、いくつかあってその例をご紹介します。

仕事の内容

番組(映像)制作の仕事は、未経験でも意欲とセンスさえあれば、大成功できるかも知れない、創造の仕事であると言われています。基本的に番組(映像)制作会社やテレビ局で、番組やコマーシャルなどの企画〜編集までを携わるのですが、その仕事の内容はさまざまに分かれます。誰を出演させるか、予算は、実現可能か、準備、手配、さらにスケジュールの管理までを行います。もちろん、企画ができたらOKを貰わなければなりません。

撮影にも立会い、編集・加工が終わった後に、完成した物を納品します。ここまでが番組(映像)制作の業務となります。もちろん、何らかの問題があれば、その修正などを行う必要もあります。それも番組(映像)制作の仕事となります。

制作会社の場合には、CGの制作を専門に請負っている会社もあります。その場合にはCG制作を行うことが、番組(映像)制作の仕事となります。この場合には、パソコンを使用しますが、最近では、CG製作用のソフトも多いので、これらのソフトを使用したことがある、使用していることを強調すれば、就職活動の場合には有利となります。それと、番組(映像)制作の場合、将来的にプロデューサーになる場合もあるそうです。

必要な能力

番組(映像)制作の仕事では、依頼を受けてから、どんな映像を作るかという事を企画に起こして、制作していくので、必要な能力として発想力が必要になります。その際には、万人受けするような映像を作れるセンスも必要です。もちろん編集する際にはパソコンも使用する場合もありますし、3Dを使用することもありますので、いろいろな能力を持っている必要があります。

しかし、番組(映像)制作の世界には、未経験と言う方からの転身者も多いらしいのですが、その場合には、アシスタントのような立場で経験させ、番組(映像)制作の流れをつかませた後に、独り立ちするという事になります。そのため、その間は先輩にいろいろ言われるでしょうが、独り立ちするまでは我慢しましょう。

何よりも、映像が大好きで、発想力やセンスが必要となる仕事ですので、そういった能力がある人が向いていると言える仕事です。ただ、撮影や編集作業ではスケジュールどおりに行かないことも多く、夜遅くまでの仕事となりますので、体力と精神力も必要となります。

また、大学卒業して、即現場での仕事は大変でしょう。専門学校にいる人と大卒では、専門学校を優先するので、しばらく雑用となると思います。そこで、大学生の人はアルバイトなどで、現場の雰囲気を味わっておくといいと思います。ある程度の流れを肌で体験していけば、就職した場合にもおろおろする事無く、仕事をこなせると思います。ただ、それでも専門学校の人を優先する可能性もあります。

それと、この仕事の場合、結構人間関係が重要とも言われています。いわゆるコネというやつです。そのため、人間関係が重要視しておきましょう。人間関係を円滑にするなら、やはり、コミュニケーション能力も必要となります。つまり、必要な能力は、「発想力」、「センス」、「興味」、「パソコン操作」、「コミュニケーション能力」の5つが大きな力となってくれるはずです。

▲ページトップへ