映像製作者

ご意見

リンク

サイトマップ

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

音声の合成

音声の合成とは、映像を盛り上げるBGMだったり、効果音だったり、ナレーションだったり、吹き替えだったりします。

音声の効果

基本的に音は、視覚には劣っても、人が持つ五感の中でも、大きな役割を持っています。そのため、音の効果は意外と大きく、音があるなしで、緊張感や恐怖感などを始めとして、臨場感や威圧感などを味わえることもあるのです。また、映画などでの日本語へセリフの吹き替え、その他いろいろな音を作成し、合成して、映像にさらなる効果を出させています。音は今では演出の一部でもあるのです。

音の作成は、身近にあるものを使って再現することが多いです。雨の音は小豆(または、お米)を平たい箱に載せて、傾ける時の音で表現したり、動物のうなり声は、確か携帯電話のマナーモードで利用する場合もあるようです。身近にいろいろな音があふれているので、似たような音は結構あるものです。今では、無料で効果音を配布しているサイトもありますから、必要な音が見つからない場合には、そういったものを探すといいでしょう。

しかし、「声」となる場合には、そうはいきません。声優が必要になります。特に、吹き替えでは、アメリカのジョークなどを日本語に変えるなどの作業もありますから、どうしても翻訳家も必要になることもあります。企業PRやCMなどにも必要な場合がありますし、ナレーションが入るような物も当然必要です。アニメやゲームでも必要になることも多いでしょう。その場合は発注することも必要になります。

音声の注文

音声を注文した場合、受注した側は、翻訳家を決めて、キャスティングを決めます。クライアントの要望にしたがって、キャスティングを決めていきますので、出演俳優のイメージの声を教えてもらったりするなどの打ち合わせを行います。もし、このとき、必要な音声が、その会社の作った物から選ぶ場合は、その音楽を選びます。もし無いなら、音源の制作を行います。

キャスティングがある程度決まったら、台本を用意します。ここでは、翻訳家の力が必要です。台本ができたら、アフレコを行います。アフレコは、映像に合わせて音声を入れていくことです。この際に、その音声をミキシングで録音します。基本的には、2時間の映画なら、全ての音声は1日くらいで終わると言われています。アフレコした音声は映画俳優の口の動きとの微妙なずれを、合うように編集します。場合によって、電話を通した音、回想シーンの音などを加工して作ります。

映像に合わせて、日本語の音声と音楽と効果音などを混ぜます。オリジナルに近づけるために、オリジナルの音声を目安にしながら、ミキシングされた、それぞれの音要素のバランスを調節します。演出家や受注した責任者も立ち会います。バランス、セリフの聞きやすさなどもチェックしておきます。その後、最終チェックを行います。最終的にミスが無いかを確認するための必須となる作業です。数人で見るといいでしょう。

OKが出たら、完成した台本と完成品を入れて納品します。その後、注文したクライアント側でも音声チェックをして、問題ないと判断できたら、OKを受注した側へ伝えます。このOKで初めて終了となります。

Favorite

保険相談会社のランキング
http://roam2rome.com/shop/

2016/7/8 更新

▲ページトップへ